宮城県栗原市栗駒松倉字笹ヶ森

 

前九年の役の際に、源頼義、義家父子が陣所にしたと伝えられる。その後、文治年間(1185~1190)より、小野寺氏の居城となった。

この地の小野寺氏は、戦国期に秋田仙北地方を中心に威を張った小野寺氏と同じ流れであるとも云われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です