宮城県松島町松島字町内

 

鎌倉時代、北条時頼が家臣の蜂谷美濃守を瑞巌寺守護のために派遣し、その子孫が松島に土着した。その子孫の蜂谷掃部は、子宝に恵まれぬことから、観音様に祈願したところ、やがて男の子が誕生し小太郎と名付けた。小太郎は、観音堂に梅の若木を植えて、これをこよなく愛していた。

小太郎が15歳の春、父の帰部は西国33ヶ所の観世音を巡拝に出かけた。その道中、象潟の商人と親しくなり共に巡拝を果たした。其の帰路、福島の白河の関所で互いに別れを惜しみ、この交誼を永く結び続 けたいものと、小太郎と商人の娘の結婚を約束し別れた。

帰部は大いに悦び帰宅すれば、子の小太郎は急病で既にこの世を去っていた。このような不幸を知る由も無く、程なく象潟よりあの商人が娘を伴いやってきた。帰部は大いに驚き、事情を話し深く詫び、縁が無かったものと諦め、象潟に戻り良き夫を持ちなさいと言ったが娘はきかなかった。

娘は、「親の許した仲は、会わずとも夫であると思い定めていた。これからは亡き夫の霊につかえ、舅、姑に孝養を尽くそうと思う」と言い松島に留まった。

娘は、まめまめしく仕えていたが、歳を経て帰部夫婦も亡くなってしまった。松島の若者らには、この美しい娘に言い寄るものも多かったが、娘はこれをわずらわしく思い、世の無情を歎き髪をおろし名を紅蓮(こうれん)と改め尼になった。

庵を建て、亡夫小太郎が幼き時植えた軒端の梅を亡き夫の形見と見ながら余生を送ったという。

紅蓮尼の和歌ニ首

植えおきし 花の主は はかなきに 軒端の梅は 咲かずともあれ

咲けかしな 今は主と ながむべし 軒端の梅の あらんかぎりは

この梅のもとには紅蓮尼と小太郎の碑の比翼塚が建てられている。蜂谷氏が観音仏を守っていたことから、その後、瑞巌寺住職が観音を本尊とし、左に達磨、右に菅公を配した三聖堂を建立した。紅蓮の出身の秋田県象潟町と松島町はこの絆が縁で夫婦町になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です