宮城県富谷町富谷字西沢…富谷中央公民館

 

藩政時代、大谷郷を除いた38ヶ村を支配下におく代官所がこの地におかれた。

明治4年(1871)以降、代官所は役場の施設として使用されたらしく、学制頒布翌年の明治6年(1873)からは、富谷小学校の校舎として使用された。

この代官松は、代官所の玄関前に植えられたもので、推定樹齢200年くらいと思われるが、何度かの危機にあいながらも、そのたびに手厚い保護がなされ、見事な枝振りを見せている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です