宮城県大和町落合蒜袋字新田

YouTube Preview Image

黒川氏家臣の八谷(やつたに)氏が拠った城。このすぐ近くには黒川氏の初期の居城の御所館があったが、八谷館(やつたにたて)はその出丸的な役割を持っていたものと思われるが、詳細については不明。

黒川氏は大崎氏支族であるが、応永年間から伊達氏の麾下に伏したと思われ、黒川氏六代として、伊達親族の飯坂氏から景氏を迎え入れている。この時代に黒川氏は本拠城を鶴楯城に移したものと思われ、この時期から、八谷館は伊達氏に対する最前線から、大崎氏に対する最前線に変わったものと思われる。

八谷館跡は、東北自動車道建設に際して発掘調査が行われ、土塁や空堀、建物跡が多数発見された。現在では、公園として整備され、七ツ森眺望に絶好の場所でもある。ちなみに御所館跡は、東北自動車道の建設により完全に消滅している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です