宮城県大和町吉田字玉ヶ池西

 

玉ヶ池の地には鎌倉時代に地頭屋敷があったと伝えられている。玉ヶ池には七ツ森の鎌倉山から、こんこんと涌き出でる清水が流入しており、付近一帯の水田を潤し、恵みの水として信仰の対象になっていた。

その後伊達の殿様も、この水をことの外愛用し、この地では、玉ヶ池の水はまさに聖水であった。

この地には悪玉姫の伝説が伝えられている。

この地の悪田地区の長者に、悪玉姫という美しい姫がいた。悪玉姫は、毎日この玉ヶ池の水を飲み、この水で顔を洗い、美しく育ったという。ある日この地に多賀城から坂上田村麻呂が狩をしにやってきた。その折に長者の家に立ち寄り、悪玉姫の美しさに心を惹かれ、妻に迎えたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です