宮城県大和町宮床字久保田

 

享保7年(1722)、仙台藩五代藩主伊達吉村の生母の、宮床伊達初代宗房夫人の貞樹院松子が彫らせたもの。

鎮座して以来、宮床伊達家が宵祭りから大祭まで施行していた。現在も子育て地蔵として近隣の信仰を集めている。

この地蔵が完成しこの地に運ばれたとき、中野の土橋を地蔵が渡り終えたとたん、土橋がどっと水中に崩れ落ちたと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です