宮城県大和町宮床字下小路

 

この屋敷は、大和町が宮床伊達家から寄贈されたもの。もとは、宮床伊達家の居館の田手岡館の近くにあったが、県道整備に伴いこの地に移された。

明治維新になり、最後の宮床伊達家の当主、十代伊達宗廣がお館下がりとなりこの屋敷に移住し、伊達家の住宅として使われてきた。

屋敷は整形田字型四間取りで、これは農家に見られる間取りの型で質素なものであるが、納戸を除くすべての部屋に長押が打たれており、しかも長押の一部が面皮付きであること、りっぱな釘隠しが残っていること、欄間の精緻さなど、この屋敷の格式の高さがうかがえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です