宮城県東松島市宮戸字大高森

YouTube Preview Image

松島湾の東を区切る宮戸島の中央に位置する標高105.6mの小高い山が大高森である。「壮観」と称えられる松島四大観の一つ。

山頂からは360度の大パノラマが楽しめ、松島湾は勿論、東にはるか牡鹿半島を足下には嵯峨渓を、西にはるか蔵王連峰を、足下には箱庭のように松島の島々を望むことが出来る。

大高森の南西部には広大な国史跡の里浜貝塚があり、また、周囲には多くの古代製塩の遺跡があり、松島湾岸の集落の中で拠点的な地だったようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です