宮城県東松島市小野字町尻

 

仙台城下から、石巻街道が、原町、利府、高木、を経て石巻に通っていた。そして気仙道はこの地で別れ、柳津を経て、三陸海岸沿いに志津川、気仙沼を通り、陸前高田まで至る街道で、内陸部と三陸海岸を結んでいた。

 

・小町石

気仙道に入るとすぐに「小町石」がある。宮仕えを辞した小野小町が、諸国を遍歴した折にこの地を訪れ、この石に腰をかけ休息をとったという。また小町は、この小野の地の出身であるという伝承もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です