宮城県多賀城市中央一丁目

 

城跡は、多賀城市役所西側の丘陵上に立地している。丘陵頂部に郭、空堀、土塁らしき土盛りが確認される。詳細は不明だが黒川氏の居館とされている。

黒川氏は大崎氏の支族であったが、後伊達氏に臣従する。その本拠地は黒川郡だが、古い時代、大崎氏が奥州に下向してきたとき、当初は国府多賀城で政務を執っていた時期がある。この館跡が黒川氏の居館と言うのが事実だとすると、この時期に大崎氏の支族としてここに居したと考えられる。

館跡の丘陵は東西に延びており、頂部への小道が空堀で、丘陵を切断し郭を形成している。堀の両側は土塁状になっており、東側は一段高くなっている。

北側斜面には帯曲輪のような平場があり、この麓の部分はかつては堀があったように思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です