多賀城政庁址の南側に、海に浮かぶ小さな島の様な丘がある。ここが歌枕で有名な浮島であると言われているが、その真偽は不明。

実際にはこの「浮島」は島ではなく丘でなのだが、現在この近くにあやめ園があることからもわかる様に、かつては一面の湿地帯の中に浮かぶ「島」のように見えたことだろう。特に朝方には、立ち昇る霞で、あたかも空中に浮かぶ島のように幻想的に見えたことと思う。

この浮島の姿を、都人は未知の国、陸奥に思いを馳せながら歌枕として使ったのだろう。

塩釜の 前に浮きたる 浮島の 憂いて思ひの ある世なりけり      古今集 山口女王

山口女王(やまぐちのおおきみ)は万葉の女流歌人で大伴家持の恋人としても知られている。その大伴家持は、都より遠く離れたこの多賀城で没している。

陸奥は 世を浮島も ありと云ふを 関こゆるぎの 急がざらなん        小野小町

塩釜の 浦の干潟の あけぼのに 霞に残る 浮島の松             後鳥羽院

世のなかは なほ浮島の あだ浪に 昔をかけて ぬるる袖かな         明日香井集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です