宮城県栗原市金成大原木袖山

 

別名:鈴木館

築城者、築城年代は定かではないが、この地には、源義経四天王の一人の、鈴木三郎重家の居館だったという伝承が残っている。また、山麓の喜泉院は、重家の妻の亀世御前が開いたと伝えられる。

その後、南北朝期(1341)、北畠顕信が南朝の失地回復をはかり、津久毛橋城に篭ったとき、北朝方の石塔義房は、この館周辺に陣をはり合戦を行い、南朝方を破っている。

戦国期には、この地は葛西氏と大崎氏の勢力争いの接点になったようで、大原木館の館主として鈴木氏の名前が見られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です