宮城県塩竃市浦戸桂島-浦戸石浜

YouTube Preview Image

奈良時代以降、塩竈港の外港として栄えてきた。名前の由来は、国府開設の頃、この地に桂大納言が暫時居城したことによるとも言われるが定かではない。

江戸時代には千石船の集会地として賑わい、戊辰の役があった明治元年には、榎本武揚、土方歳三らによって率いられた幕府艦隊が、函館に向かう途中艦隊を休めた。

また、明治期にはラッコ漁を始めとした遠洋漁業の基地として活況を呈した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です