宮城県女川町女川浜字女川

 

三十三観音道の山道の登口に、一度沈んだ船も再び浮きあがるとされる、「波切不動尊」がある。八の日参りといわれる日には、船舶の安全を願う家族の参拝が絶えず、人々にあつく信仰されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です