宮城県登米市寺池中町…警察資料館

 

明治22年(1889)、山添喜三郎の設計により建設された。木造二階建ての下見張白ペンキ塗り寄棟、ぺディメント鬼瓦屋根、バルコニーなどの洋風建築で、当時の留置場も再現されている。

昭和43年(1968)までは実際に登米警察署として使われていたが、現在は宮城県の重要文化財として公開されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です