宮城県石巻市桃生町太田…日高見神社参道

 

この地の日高見神社は、蝦夷征討の拠点だった桃生城の守護として崇められていた古社で、日高見神社の参道にあるこの木は、推定樹齢900~1000年と云われ、源義家が康平年間(1058~69)、安倍貞任討伐の際に、身を隠して敵の追撃を逃れたと伝えるもので、身隠しの木、除難の木、厄除けの木と言われている。

義家は前九年の役の後、社殿を造営し祭田を寄進したと云う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です