宮城県石巻市大原浜字向山

 

この館跡は、葛西氏の家臣の館跡と考えられる。築城時期や築城主は不明であるが、天正16年(1588)、葛西晴信が中沢左近之丞宛に送った書簡から、その当時の館主は中沢氏だったと思われる。

館跡は、中沢峰山の西端を二重の空堀で区切り、三重の土壇を巡らす本郭と、一部に石塁と三重の土壇を持つ南郭、土壇と犬走りおよび険しい崖と急坂に囲まれた堅固な北曲輪から成っている。昭忠碑のある西側の大原湾に向かって開く凹地が大手の登り口と思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です