宮城県石巻市沼津字八幡山

YouTube Preview Image

別名:鶴館

鶴小坂館は、舌状の細長い丘陵に立地し、その先端部には、国指定史跡沼津貝塚がある。遠望すると鶴が首を長く伸ばして伏している姿に似ていることから鶴小坂の名が生まれたという。

貝塚の西側に緩やかな丘陵が続き、2段の段築が、ピークの主郭を巡っている。最高所には八幡神社があり、東西約50m、南北約30mの平場となっており主郭と考えられている。西側にはさらに段築が3段続き、平場の東側には丘陵を断ち切る形で土塁を伴う空堀がある。

鶴小坂館は、中世以前の館と考えられ、その北東側には京ヶ森があり、前九年の役の折に、京ヶ森館に拠った安部貞任を攻める際に、源義家がこの城を陣城としたと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です