宮城県登米市中田町石森字前田

 

笠原氏の墓所は、笠原城北西の城域内にある。

笠原氏はもとは大崎氏の家臣で、加美郡の高根城主だった。笠原内記隆康は、大崎合戦では中新田城に入り伊達勢を撃退している。戦国末期、大崎氏が没落した後は、秋田実季のもとで、比内、桧山の陣に参戦し功を立てた。

慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いの際に、上杉領を攻める伊達政宗から白石に召し出され、上杉攻めの功で50貫文を賜り、御物頭として伊達家臣となった。

二代盛康は、伊達政宗の普代の家臣の佐沼城主津田景康の三男で、笠原隆康の養嗣となり、伊達家永代着座で161貫文を賜り若年寄大番頭を勤めた。以来伊達家重臣として明治に到る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です