宮城県栗原市高清水字善光寺

 

栗原市高清水の市街地の北側に小高い丘があり、この地域の憩いの公園になっている。この丘一帯は、善光寺を中心としての霊場であったらしく、この地の古い歴史が凝縮されている。

・北条塔
正慶2年(1333)、鎌倉幕府滅亡の年に、滅亡した北条氏の供養のために建てられている。中央では南北朝の争いが始まっており、この板碑の年号は、南朝の年号を使っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です