宮城県登米市津山町柳津大柳津

YouTube Preview Image

柳津虚空蔵尊は、福島県の会津柳津や山口県の柳井とともに、日本三虚空蔵尊に数えられる名刹。今から約1200年前に、この地を訪れた行基菩薩が、天下泰平・国家安泰を願い虚空蔵菩薩を刻んだことに縁起するといわれている。

高さ約36cmの本尊の脇に従う大黒天と毘沙門天は、後に弘法大師が刻み安置したもの。高さ10.5m、幅7mの大鳥居は、木製の鳥居としては東北1位、全国でも3位の大きさという。

境内には大伴家持が百人一首に詠んだとされる鵲橋や虚空蔵尊の七不思議なども伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です