宮城県気仙沼市本吉町前浜

 

この館跡は、国道工事により分断され、西にある大森地区への新道拡張などのため、遺構の大部分は失われている。しかし、国道の東側の丘には数段の土壇が、西の丘にある林の中にも土壇の跡が見られる。

この古城は、東の海岸方面に対して構えられた平城もしくは平山城の形式かと思われる。高さ5m、東西150m、南北80mと、規模はあまり大きくない。

奈良時代の多賀城府の前進基地として「府中館」が当地方に三ヶ所あったとされているが、その館の一つであるといい伝えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です