戻る

宮城県加美町鳥嶋字寺前

 

東山官衛遺跡は、奈良、平安時代に賀美郡を治めていた役所の跡である。賀美郡は当時、陸奥国府多賀城と出羽国の要塞秋田城を結ぶ連絡路の、陸奥国側の玄関口として特に重要視されていた。

調査の結果、役所は東西300m、南北250mの広さを持ち、周囲は築地塀で囲まれていた。正面には八脚門の南門を構え、役所は実務を扱う東施設と、倉庫郡のある西施設とに分かれており、その間を防火のための大溝が北側にまっすぐ延びていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です