賽の河原

2 thoughts on “賽の河原

  1. 賽の河原駐車場からヒヨドリ坂の下り降り口までの道は、大正元年発行の地図にも載っていますが、
    この道は、何時頃からあったものか、ご存知でしょうか。もし、ご存知なら教えて頂ければ、大変に
    嬉しく思います。
    また、ヒヨドリ坂を下り、濁川の渡渉点には、新關温泉との表示が有り、現在は階段が少し残って
    いるだけですが、この新関温泉に大変興味を持っています。山形県の新関善八氏(8代目)が旅館を
    あの地に作ったと有り、温泉客は山形県側からも相当数であったようです。
    何か、ご存知のことが有りましたら教えて頂ければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。 

    1. 申し訳ありません、詳しくはわかりません。ただ、40数年前に、カモシカ温泉という温泉が、賽の河原から降りた谷底にあり、宿は雪崩か何かでつぶされてしまったという話を聞いたことがあります。その友人は、その地に行ったら、ドラム缶に湯がたまるようになっており、湯につかってきたと言っておりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です