震災前取材

岩手県住田町上有住字櫃割

 

 

住田町上有住櫃割の有住中学校の脇に、九両ヶ池と呼ばれる小さな池があり、長者伝説を伝える。

大金持ちの長者が、庭の真ん中にある大きな池で魚を獲ろうとして網を打ったら、魚ではなく大判九両をすくった。その後も大判がすくい上げられ、やがて蔵は大判で埋まり、入れ物に困り櫃に入れたらその櫃が割れたてしまったと云う。ことからこの池を「九両が池」、長者を「櫃割長者」と呼んだと伝える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です