震災前取材

岩手県陸前高田市竹駒町字赤畑

 

陸前高田市の竹駒神社は、天平6年(734)、行基が玉山金山を発見したことから、伏見大社より金山守護神として勧請したものと伝えられる。
その後、平泉の藤原清衡が中尊寺建立の折、玉山金山を経営し、玉山神社と竹駒神社を奉斎、それからここの地名は竹駒と呼ばれるようになったと伝えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です