岩手県陸前高田市高田町字大石

震災前取材

 

この地には武日長者の屋敷があったと伝えられる。武日長者は、景行紀、日本武尊の蝦夷征伐に吉備武彦とともに副将として従った、大伴武日の流れとも云われている。

歌枕でも名高い「姉歯の松」の伝説の、朝日姫と夕日姫は武日長者の娘としてこの地で育ったと伝える。

大伴武日は『日本書紀』等に伝わる古代日本の人物で、大伴氏の遠祖である。垂仁天皇朝では、武渟川別(阿倍臣祖)、彦国葺(和珥臣祖)、大鹿島(中臣連祖)、十千根(物部連祖)らとともに「大夫」の1人に数えられている。日本武尊に従って東国を平定し、その功で讃岐国を賜ったとされるがこの地の記載はない。

邸址は極めて広大だったと言い、周辺の「畳石」の地も屋敷地の一部とされ、長者の愛娘が遊んだ地とされる。今は屋敷地の境も定かではなく、畑地や住宅地になっている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です