震災前取材

岩手県大船渡市日頃市町字下宿

 

築城時期、築城主など詳細については不明だが、葛西氏の一族の新沼氏がこの城を本拠城とした。新沼氏は、もとは牡鹿郡にあったが、新沼安芸守綱清のとき葛西宗家からこの地に移された。綱清は、この城を本拠として、猪川筑館、赤崎館、綾里平館、吉浜城などに一族を配し繁栄した。

綱清の次男綱定が跡を継いだが、近隣の越喜来氏の館に招かれ、その帰途謀殺された。その甥の重宗が家督を継いだが、その子重明のときに、豊臣秀吉の奥州仕置きにより、主家の葛西氏は滅亡し浪人、他家への仕官を拒んだという。結局この地の新沼氏は帰農し、代々この地の肝入りになったと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です