福島県矢祭町内川字矢祭

  • 乙女観音
この地の観音像は、昭和62年(1987)、この地の斜面の土中から発見された。

江戸時代初期の作と推定される石像で、その柔和な顔立ちから「乙女観音」と命名された。

後方の岩穴は、女性器をあらわしているとされ、安産、夫婦円満、縁結びなどを祈願した地であったと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です