福島県塙町字板庭

  • 龍沢寺
この地は太古には湖であったと云い、その湖には、主の大蛇が棲みつき、近づく者に害をなし人々を困らせていた。

この大蛇を、この地を通りかかった源義家が退治し、その際に、深手を負った大蛇がのたうちまわり、その拍子に山が割れて湖の水は久慈川に落ち、湖はすっかり干上がってしまった。

このとき、大蛇が息絶えた地がこの「龍ヶ沢」の地で、義家はこの大蛇に飲み込まれ命を落とした従者の源八と大蛇の霊を祀り、この「源八山龍沢寺」を建立したと云う。

龍沢寺には、このときの大蛇の骨と呼ばれるものが納められており、煎じて飲めば薬効があるということで、今でももらいにくる者があるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です