福島県白河市白坂字石阿弥陀

震災前取材

  • 石阿弥陀一里塚
 

江戸時代初期の慶長年間(1596~1615)は、奥州街道はこの地を通っており、現在も残る一里塚がそれを示している。この地の近くには、関ヶ原の戦いの前に、徳川家康の上杉討伐に備えて、上杉氏が築いたとされる防塁も残っている。

塚の一部が欠損しているが、それぞれに直径約12m、高さ3mの塚が一対残っており、塚の間は約10mほどである。調査の結果、道路遺跡が発見され、約8m幅の道路が通っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です