福島県須賀川市勢至堂字屋敷

震災前取材

  • 勢至堂峠
 

現在の国道294号線は、かつて杣道に過ぎなかった道を、葦名盛氏が開き、豊臣秀吉が会津に入る際に、その命により伊達政宗が整備したもので、当時は白河から会津へ抜ける主要道だった。

慶長5年(1600)、上杉景勝は徳川家康の会津進攻に備え、勢至堂峠の南側入口に陣を築いた。陣は街道を取り込み、堀、土塁、竪堀、堀切、平場をもうけ、尾根には軍道も造られたという。現在勢至堂峠にはトンネルが出来て、峠に通じる旧道は閉鎖されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です