福島県須賀川市木之崎字岩崎山

  • 岩崎山現地案内板
 

旧長沼町に、岩崎山と呼ばれる岩山があり、この丘陵一帯には、多くの供養塔と磨崖仏が見られる。この地は、鎌倉時代の終わり頃から江戸時代の終わり頃にかけての約600年間、霊場であったと考えられている。

中には長年の風化作用により、判読できないものも数多く見受けられるが、「えぞ穴」と呼ばれる岩窟の奥壁には、蓮華座を有する阿弥陀の種子と年号、「光明真言」の梵字が彫られており、また、山の中腹の大きな巌の下には2つの窟が彫り込まれている。

現在はこの山一体が、「岩崎山史跡公園」として整備され、この地域の桜の名所にもなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です