福島県伊達市梁川町舟生明神前

 

福島県と宮城県境の阿武隈川岸に切り立つ岩塊がある。福島県側の岩塊が「猿跳岩」、宮城県側が「潜り岩」と呼ばれ、それぞれに伝説を伝える。

この岩塊から、対岸にある山王窟に、猿の群れが川中の岩を飛び跳ねながら往来したと伝える。

またこの地はかつて九つの滝になっており、これより上流の信達地方は大きな湖だったが、あるときその滝が崩れ湖はなくなり、今の阿武隈川の流路になったと云う。

阿武隈川は江戸時代には舟運が盛んだったが、この地はその難所であり、岩上には航行の安全を願ったのだろう祠があり、また周辺には九瀧神社もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です