福島県会津若松市花春町…御薬園内

 

楽寿亭は、御薬園庭園の池の中島に建つ茶室である。元禄年間(1688~1704)に築造され、木造茅葦平屋数奇屋建で、古木素材を用いた質素な建物である。亭の外周には、正面を除く三方に外廊下が設けられており、素朴な飾り手摺がついている。

主として、藩主や藩の重役たちの茶席に用いられたが、時には密議にも使われたと云う。

戊辰戦争の際には、御薬園は西軍の保養所として用いられたといい、そのため放火されることはなくかつての形を残している。外廊下の手すりには、この当時つけられたという刀傷が残っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です