戻る

青森県西津軽郡深浦町塩見形

 

この銀杏は、推定樹齢1000年以上で、高さは約31m、幹周り約22m、垂れ下がっている気根、乳垂から「垂乳根のイチョウ」と呼ばれ、母乳が不足して困っている母親たちに神木として崇拝信仰されてきた。

この地は、古代の武将安倍比羅夫が蝦夷征討のためこの地に到り、社殿を建てた地とされ、そのときこのイチョウが植えられたと伝えられる。

また、元享年代(1321)頃から応永年代(1400)に栄えた金井安倍氏菩提寺別院が建立されていたとも伝えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です