戻る

青森県深浦町深浦


深浦湊の港口に位置するこの岩島は、弁財天が鎮座する島として、安東水軍が盛んに活動していた時代から、すでに「安東船守護深浦弁天島」と称され崇敬されていた。

現在、岩上に残る祠は、藩政時代の享保元年(1716)、町の船問屋や漁民が、航海安全、豊漁祈願のため建てたものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です