青森県平川市猿賀

猿賀神社の近くにこの巨石がある。この石は、付近の平林の地から移されたもので、古代人の巨石信仰の遺物であると考えられている。元あった場所は、古代人の斎場遺跡と考えられている。

この石は、坂上田村麻呂が蝦夷の長を討ち、その首を埋めた印の石だとも伝えられ、石の表面に馬の蹄の跡があると云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です