弘前市下白銀町

 
東奥義塾は、藩校であった稽古館を母体に、明治5年(1872)に創立された私学で、この建物は、明治36年(1903)、弘前市東奥義塾(現在の東奥義塾高等学校)に招かれていた英語教師の宿舎として建設されたものである。その後、キャンパスの移転に伴い昭和62年(1987)に市に寄贈され、現在地に移築修復された。館内には、古い時代の家具や調度品なども置かれ、明治期の外国人の生活を再現している。現在は、1階には喫茶室が営業されているなど一般公開されている。平成5年(1993)、青森県重要文化財に指定されている。

建物は、木造2階建てで、延床面積が約280㎡と、宿舎としては比較的大きな建物である。館内は畳敷き部屋も配置されているなど日本の様式も見られるが、屋根はトラス構造となっており、白色の下見板壁と窓枠・付柱・軒や胴の幕板のオリーブグリーンとのコントラストに煉瓦積みの基礎や煙突など、西洋館をイメージした意匠となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です