青森県弘前市山道町

2013/08/20取材

 

大正9年(1920)、教会堂として青森県弘前市に建設された。イギリス積みの赤レンガが特徴的な建物で、正面右寄りには鐘塔が配置され、外壁に控え壁を設けたゴシック建築である。

内部は、チューダーアーチを描く梁とトラスの意匠や、白壁と柱・垂木・トラス・方杖の濃茶との色彩のコントラストが印象的である。明治時代にアメリカ婦人宣教師が持ち込んだといわれるアメリカ=ショーニンガー社製のリードオルガンが現役で使用されている。

明治29年(1896)に、青森聖アンデレ教会の司祭だったチャペル師が、時々弘前に来て民家を講義所として伝道が開始され、明治31年(1898)には司祭が常駐することとなり、明治33年(1900)にこの地に教会堂が建設された。

その後、現在の教会堂に当時の司祭であったニコルス師のもとで改築された。設計は立教大学校校長を退任し建築家として日本各地の聖公会教会堂を設計していたアメリカ人建築家ジェームズ・ガーディナーが手がけ、施工は本人もクリスチャンだった林緑と云われている。

平成5年(1993)県重要文化財に指定された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です