青森県蓬田村阿弥陀川

 

正法院は、慶長18年(1613)、弘前の長勝寺の十四世聖岩雲祝和尚により奥内村に開創された。しかし蓬田村に信徒が多かったこともあり、寛文2年(1662)に現在地に移転した。寺宝として、円空仏の観音菩薩像があり、県の文化財に指定されている。

松前街道が正法院の前を通っており、松前藩は参勤交代の際には休憩所として航海の安全を祈願したと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です