青森県今別町袰月

 

赤根沢に赤色の岩塊が露出しているが、この地の赤岩は青森県の天然記念物に指定されている。

この地は、古くから天然の酸化第二鉄(ベンガラ)の産地として有名である。藩政時代には顔料として採掘され、役人を置いて管理させていた。

領内の神社仏閣の赤い塗料は、皆ここから供給されたものであると云う。また、寛文10年(1670)、延宝3年(1675)、貞享3年(1686)には幕府に献上されており、日光廟の赤塗りの原料はこの赤根沢産のものだといわれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です