青森県中泊町小泊

 

権現崎は、あたかも獅子が寝そべっているように、津軽半島から日本海に突き出した崎である。

北側には竜泊ラインが通り、南側は津軽の霊峰岩木山を眺めることができる。突き出た岬は断崖になって海に落ち込んでおり、最高所の標高は229mある。

この権現崎には、除福が漂着したという伝説が伝えられ、岬の最高所には尾崎神社があり、航海の神として除福像が祀られている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です