青森県階上町赤保内寺下

2016/09/26取材

 

潮山神社は、寺下観音が明治初期の神仏分離令により別れたものである。

聖武天皇の時代の神亀2年(725)、行基が寺下の地に海塩山応物寺を創建し観音菩薩を祀ったことに始まる。

文治2年(1186)、経津主命(ふつぬしのみこと)を観音堂に併せて祀ったとあり、以来神仏混交の聖地として、八戸藩はもとより、盛岡城主代々が崇信した。

経津主命は、天照大神の命を受けて出雲の大国主と交渉の結果、円満に統一に導き、さらに国内の荒ぶる神々を平定し、日本建国の基礎を築いた神である。

神仏分離令により分けて祀られるようになったが、現在の社殿は寛永3年(1626)に再建された旧観音堂である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です