青森県階上町小舟渡

2016/09/26取材

 

この地の灯台は昭和34年(1959)に建造されたもの。この地は三陸復興国立公園の一画をなし、階上灯台のある小舟渡海岸は、 芝生地帯、岩礁地帯と変化に富んだ海岸線が特徴である。

県内最東南端の地にあたり、県内で一番早く朝日の昇る場所でもある。水平線から昇ってくる朝日は絶景。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です