青森県五戸町浅水

2014/08/24取材

 

この地は古くは修験道譲として栄え、鎌倉期以前は安倍八幡だったと伝えられる。

戦国時代には南氏の城郭が置かれたとき、南長義は、南部家に伝承崇敬されていた八幡大明神をこの地に勧請した。

その後、南氏は嗣子がなくこの地の城は廃されたが、その後は地域の者の信仰を受けて、祭日には浅水村全村が生業を休み、賑やかに大祭を催し現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です