青森県青森市柳川1丁目

2014/08/23取材

 

津軽海峡冬景色の碑はこの地の他に竜飛岬にもある。

「津軽海峡冬景色」は、昭和52年(1977)に石川さゆりが歌いヒットした歌謡曲である。作詞は阿久悠、作曲は三木たかしである。石川さゆりは、この曲で同年の第19回日本レコード大賞歌唱賞などを受賞し、NHK紅白歌合戦への初出場も果たして一気にスターへとのし上がることになった。

ごらんあれが竜飛岬北のはずれと、見知らぬ人が指をさす、
息でくもる窓のガラスふいてみたけど、はるかにかすみ見えるだけ、
さよならあなた、私は帰ります、
風の音が胸をゆする泣けとばかりに、ああ津軽海峡冬景色

恋に破れて東京を去り、北海道へと帰郷する女の心情を、真冬の津軽海峡を青函連絡船で渡る人々の情景描写と共に切々と歌った曲で、現在もカラオケなどでも長く歌い継がれている。

この歌にある青函連絡船は今はないが、青函連絡船メモリアルの十和田丸の近くにこの歌謡碑はあり、観光客の旅情をさそっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です