青森県鰺ヶ沢町建石町

2015/08/27取材

 

この地の鬼神社の創建の由来などは明らかではない。しかし境内のクロマツは樹齢400年以上と推定され、神社建立を記念して植えられたと伝えられている。

またクロマツの根元には「鬼神」と刻まれた「鬼石」があり、また、戦でもぎ取られた左腕を、右手に持った槍に刺し、仁王の形相で立っている青銅像を御神体として祀っていたと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です