青森県南部町字玉掛諏訪ノ平

玉掛諏訪神社の境内にあるこの石は、赤沼備中守と下斗米昌家が斬り合いの途中に共に休んだと伝えられる石である。

赤沼備中守は、所領を接する奥瀬安芸守との所領争いで敗訴し、このときの仕置きに不満を持ち、三戸南部氏の本居城の聖寿寺館で奥瀬安芸を殺害し、聖寿寺館に火を放ったと伝えられる。また備中の妻が、晴政によって聖寿寺館に無理に連れ込まれたからとも伝えられる。

備中守は逃亡したが、下斗米昌家にこの地で追いつかれ、斬りあいになったが、いずれも剛の者で勝負はつかず、この石に腰掛け休んだと云う。一休みの後に、二人は馬渕川の真ん中で決闘し、結局赤沼備中守は討ち取られた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です