青森県南部町字玉掛諏訪ノ平

奥州南部氏の初代南部光行が、甲斐からこの地へ下向した際に、新領開発、領内安全を祈願し、建久3年(1192)この地に創建したと伝えられる。以来南部氏歴代領主に崇敬された。

境内には天下大事変に水の色が変わったという御神池と、赤沼備中と下斗米昌家が斬り合いの途中に共に休んだという腰掛石、また神木梶の木の枯れ木が保存されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です